新イシカワ物理数学−参考文献と本の紹介


・『これならわかる 工学部で学ぶ数学』 千葉逸人 (プレアデス出版)

物理・工学で必要になる数学の基礎がコンパクトにまとめられている。
「工学部で」とあるが、理学部物理系にも非常によく対応している。
内容は、行列(線型代数)、ベクトル解析、常微分方程式、
複素関数論、フーリエ解析、ラプラス変換、微分積分のまとめと応用。
証明もしっかり載っているので、新イシカワ物理数学の内容で
証明を見てみたい場合は参照していただきたい。

・『裳華房テキストシリーズ 物理数学』 松下貢 (裳華房)

物理で使う数学の教科書。
私が留年時代に勉強会で使った思い出の一冊。
各項目の説明が詳しく、わかりやすい。
内容は、常微分方程式、ベクトル解析、複素関数論、
フーリエ変換・ラプラス変換。
物理で使う例も多く載っているので、物理をやる人には非常に良い本。


[トップページへ]   [物理数学トップへ]  
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO